ペアレントメンターとは

達障がいは、周囲からなかなか理解されにくい障がいであり、一人で悩みを抱えてしまう保護者もいます。

のような保護者に対して、同じ発達障がいのある子どもを持つ保護者が相談相手となって、悩みを共感したり、自分の子育て経験をとおして子どもへの関わり方等を助言したりする、ペアレントメンターという保護者がいます。

アレントメンターとは「発達の気になる子どもを育てた経験を活かして、他の保護者のよき相談相手となり、悩み共感や助言等ができる者として研修を修了した先輩保護者等」です。

このような先輩保護者から子育て等に関する経験談を聞くことは、これから我が子にどのような準備をしていったらよいかの見通しが持てるなど、有効です。
鳥取県には、ペアレントメンター養成研修の受講修了者が各地域にいます。
ペアレントメンターは、専門家ではありません。同じ親としての視点を大切にして、仲間の子どもの障がい理解や障がい支援を行います。